ラテックスの怪獣模型の作業行程 (1) 粘土原型

それでは、「ラテックスで人形作りの備忘録」に従って、実際の作業工程を記録して見ます。

今回は、ウルトラ怪獣のガボラを作っていきます。
ガボラ

だいたい30cm位の人間の骨格が埋まっていると思って、インダストリアルクレイか、油土で彫塑します。
なんで30cmかというと、以前 読んで参考にした雑誌の記事に、1尺の大きさで、ラテックスの怪獣ミニチュアを作成している物があったからです。
ただ、怪獣のぬいぐるみ役者は、背が高い人もいれば、低い人もいたでしょうし、デザイン自体も大きめのエレキングがいたり、小さめのピグモンがいたりですから、そんなに厳密にしなくてもいいと思います。

アルミホイルで芯をつくり、粘土をかぶせていきます。
アルミホイル芯

粘土を盛ったり削ったりしての繰り返しです。
油土の盛り

つまようじで、細かい模様をつけていきます。ガボラは体表がデコボコしているので、アボガドなどで表面にパターンをつけていきます。

最後にラッカーシンナー等で表面を少々なすってやると、表面が綺麗になります。
芯3
ラッカーシンナー

≪続く≫
芯5

投稿者: nitiyodaiku

千葉県在住のおじさんです。 ヒマなときは、ボケ防止のために、 なるべくハンドメイドにいそしんでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です