バルガメの制作 (4)

体表に細かいディティールを付けて、クレイ原型の完成です。

怪獣の肌は、アボガドや、カボスで押し付けていくと、

簡単に作れます。

ガメラ粘土原型

手足を適当なラインで分割して、さらに、水粘土でパーティングラインに沿って

土手を作ります。

パーティングライン

1層目の石膏を、指ではじくようにして、載せていきます。

石膏ではじく

2層目の石膏は、スタッフ(麻の繊維)を浸み込ませて、強度が出るようにします。

サイザル

石膏をはじくときは、歯ブラシを使うと細かく飛ばすことが出来ます。

歯ブラシではじく

2~3cmの厚さに盛り付けます。

2~3層目

《使用材料》

● 彫塑粘土テクニー 1000g(水粘土)
中部電磁器工業
価格:¥ 248 + ¥ 360 関東への配送料

● A級石膏 5kg
下村石膏株式会社
価格:¥ 1,880 + ¥ 600 関東への配送料
(amazon)

● 樹脂入石膏 ハイストンHLP黄 1kg
・石膏と合成樹脂粉末を混合し強度が高い石膏です。
・表面硬度が大きく耐熱性に優れた緻密で滑らかな型が得られます。
・標準混水量:30%
・流し込み開始時間:10分
・凝結時間:(始)22分 (終)50分以内
用途:造型、合成樹脂の成型、木型・金型の代用
価格:¥1,134(税込) 税別:¥1,050

● 芯材 スタッフ サイザル麻
吉野石膏
価格: ¥ 1,620 & 関東への配送料 無料
サイザル麻 1 kg

● 石膏離型剤 加里石鹸 カリセッケン 500g
シマモト画材
価格:¥ 1,890 (amazon)

バルガメの制作(5)へ続く

バルガメの制作 (3)

繋ぎ合わせた、甲羅のトゲの表面に、ラテックスを塗り、一体化させます。

ラテックスの中に、おが屑をまぜてやると、いい感じのボツボツ感が出ます。

バルガメ背中側

ついでに、手足をつけて、バランスを確認します。

20161004_185453832_ios

20161004_185430188_ios

意外と平べったいなあと感じました。

20161004_185407294_ios

バルガメの制作(4)へ続く

バルガメの制作 (2)

ガメラの腹の甲羅を、インダストリアルクレイで、造形します。

キンゴジで使ったクレイの中古品なので、量が足りなくなると

困りますから、芯にアルミホイルをたくさん入れてあります。

gamera hara

「ガメラ対バルゴン」を視聴しながら、数えてみましたが、

甲羅のトゲは、70枚くらい。

腹側のタイル状態のマス目は 6.5段 × 7段のマス目でした。

大きさは、いつもと同じように、30cm程度の人型が

入っている間隔で、作成しています。

トゲのラテックスが、十分乾いてから、重ね合わせた部分を

ラテックスで接着します。

ラテックスの甲羅
ラテックスの甲羅

《使用材料》

● SZ インダストリアルクレー 2231-506
価格:¥ 1,290
重量・容量(約):360cm3

バルガメの制作(3)へ続く

バルガメの制作 (1)

ゴジラが、完成してひと段落したら、回収した

インダストリアルクレイが、結構ありました。

これを使ってもう1体、何か作りたいなと思いまして、

ゴジラと釣り合うような怪獣というと、ガメラが良いなと思いました。

平成ガメラもいいのですが、ちょっと形状が複雑なのでむつかしい・・・

やはり、「ガメラ対バルゴン」のガメラがカッコいいかなと思います。

バルガメなんて言ったりするみたいです。

さっそく、甲羅のトゲから 作り始めました。

gamera toge

材料は、スポンジ(ウレタン)をはさみでカットしたものに、ラテックスを浸み込ませて、

形を整えていきます。

《 使用材料 》

● ウレタン座布団芯
価格498円(税込)
サイズ:55×59cm用(製品サイズ最大値51×54cm) 
厚み:約6cm
重量:260g
材質:ウレタンフォーム
色:イエロー
メーカー:関東アキレスエアロン(株)
生産国:日本製
用途:座布団中材
ジョイフルホンダ

● 天然ラテックス:ULACOL(1kg入り)
メーカー名レヂテックス
価格1,620円 (税込)

バルガメの制作(2)へ続く