ウルトラセブン(2)

明けましておめでとうございます。
2022年1月もう冬休みも最終日です…
ウルトラセブンを休み中に完成できなかった!
まずは、インダストリアルクレイで原型つくり、ウエットスーツを意識しております。

バラバラにして、

水粘土で土手をパーティングラインに作って、

石膏をはじくようにかけます。

今回、気が付いた事は、寒いからと言って、お湯で石膏を混ぜてはダメ!
硬化が速くかかってしまう事です。

ウルトラセブン

すっかり冬になりまして、もう12月。
今年も何かやり残した事はないかと言ったら、むしろ終わってない事ばかりですなあ。
コロナが収まってきたのが、嬉しい年の瀬です。

怪獣用ラテックスで宇宙人を作りたいのですが、30㎝サイズですと腕や足首が細くて難しいです。

ブーツや手袋をつけているデザインなら比較的、部品に分割しやすいかも?



レッドキング (4)

2020東京オリンピックも、金メダル最多で終わることが出来ましたね。

友達が生きている間には、もう日本では次に見れないと言っていましたが、たしかに前回の東京オリンピックは、初代ウルトラマンよりも前の話。

ちょっと感傷的になってしまいましたが、その友人は、だからこそ今回の大会は、なるべく見ておこうとしていましたね。

きっともう一度見れますよ。

レッドキングに汚し塗装を施しました、リキテックスを水で薄めてウォッシングです。

キーラと闘ってみます

ガボラとも戦ってみます

やっぱり正義の宇宙人との取組が見たいですねえ。

レッドキング (3)

今年も8月になりまして、夕方には秋めいた風が吹いております、時がたつのは怖ろしい…

レッドキングを組み立てて、塗装をしました。

パーツの接着はGボンド、肉付けは手芸用のスポンジです。

塗料は、リキテックスをラテックスで伸ばして筆塗りです。

左側

右側

まだ墨入れと、汚し塗装をしてないので、緊張感が足りないですねえ。

レッドキング (2)

ゴールデンウィークもアッという間に過ぎ去って、とうとう東京オリンピックが開幕ですね!

なかなか作業がはかどりませんが、レッドキングの骨組みを作りました。
大まかな骨格は、3ミリのアルミ線です。

目や、アゴは、田宮のエポキシパテです。

全身像

レッドキング (1)

大人気怪獣の3強と言えば、ゴモラ、レッドキング、エレキングだと思います。

魅力的な怪獣は、帰ってきたウルトラマン以降もたくさんいますが、単純な形状で最大限の効果を演出しているこの怪獣たちが、ウルトラマンシリーズを代表していると思っております。

レッドキングのパーツ
レッドキングのパーツです

レジテックスのS-500を使用しています。

レジテックス

着色は、リキテックスの黄色系統の物を、レジテックスに混ぜ込んでおります。

ガンダー(5)


ゴールデンウィークもアッという間に終わってしまいました・・・。
明日からはまた仕事ですね、切り替えていきまっしょい。

ガンダーの石膏型にレジテックスのS-500という怪獣用ラテックスを塗り重ねて、脱型したものがこちら。

牙や目玉などを、パテで作成、Gボンドで接着します。

骨組みは、3mmの植木用アルミ線を組み合わせて、肉付けはスポンジです。
塗装は、レジテックスにリキテックスを加えたもので、筆塗りです。
テストショットの完成!

早くミクラスも組み立てなきゃ。