ガンダー(5)


ゴールデンウィークもアッという間に終わってしまいました・・・。
明日からはまた仕事ですね、切り替えていきまっしょい。

ガンダーの石膏型にレジテックスのS-500という怪獣用ラテックスを塗り重ねて、脱型したものがこちら。

牙や目玉などを、パテで作成、Gボンドで接着します。

骨組みは、3mmの植木用アルミ線を組み合わせて、肉付けはスポンジです。
塗装は、レジテックスにリキテックスを加えたもので、筆塗りです。
テストショットの完成!

早くミクラスも組み立てなきゃ。

ガンダー(4)

待ちに待ったゴールデンウイークがまいりました!

非常事態宣言下ですが、くさっていてもしょうがありませんね、自宅で作業を続けますよ。

ガンダーの石膏型を作ります。

1.まず水粘土で土手を作って半面型取りします。

石膏は正しく軽量して泡が入らないように、マゼマゼします。

2.石膏は、1回では厚く盛ることが難しいので、サイザルをまぜます(混ぜるというより浸み込ませて貼りこむ感じです)

3.半面に石膏がかかりましたら、ゆっくり乾かしてから裏返して、土手を作ります。

石膏のすり合わせ面に、加里石鹸を水で薄めて筆塗りします。

4.加里石鹸が乾いたら、石膏をかけます。
(少し高い所から、落とすようにして原型に石膏をかけると、泡が入らなくていい感じに型取りできます。)

ガンダー(3)

エイプリルフールおめでとうございます。
外出自粛のため、冗談も言いにくい世の中ですが、バイオハザード終焉までひたすら我慢ですね!
もともと出不精だからそんなに負担には感じませんが、不景気はほんとまいります・・・

ガンダーもいつまでも時間かけててもしょうがないのに、なかなか石膏型を取ろうという段階になりません。
つまようじとか、ヘラで表面の溝を刻んだら、ペンキのうすめ液で、表面の指紋や、ささくれを溶かしていきます。

コシのある筆と、柔らかい筆を使い分けて表面をならしていきます。
ついやりすぎちゃいますね、ツルツルになってしまう。

まるで風呂上がりです。

ガンダー(2)

ひな祭り!おめでとうございます!
世の中は肺炎が大はやりで、映画もイベントも自粛で不景気です。
仕事も繁忙期のはずなのに、客足がいまいちな感じがします。
まあ外に出れなくてもホビーがあるさね。

全体的にシマシマをつけていきます。

背中の裃が重そうですが、背骨がS字に感じられます。

目がチカチカします。

ガンダー(1)

明けましておめでとうございます、そしてハッピーバレンタイン!
令和になって初めての趣味の模型!!
ホントにどんどん作らなくちゃ、用意した材料がホコリをかぶってしまいます。
粘土も石膏も通販が有るから、買うと安心しちゃって、そこで長考に入ってしまうんですよね。

今回は、少し皮膚が固い表面の怪獣を作ってみたいと思いまして、ガンダーです。
アルミホイルをクシャクシャに丸めて、30センチ程度の人体を作ります。

インダストリアルクレイで肉付けをします。

背中の裃が意外と複雑ですね。

一回、アイスラッガーでバラバラにして

少し表面のディテールをつけていきます。

バルガメの制作 (10)

今日は、里子に出ていたガメラとギロンが遊びに来てくれたので、

家族写真みたいに撮ってみましたよ。

giron vs giron
GAMERA2 Giron2
GAMERA Gozzilla Giron Baragon Gabora

今年はまた、新しい仲間が欲しいですね!

syuugou syasin

しかしながら、ギロンは人相が悪いですねえ・・・

ギロンの制作 (9)

ちょっとあっさり通り過ぎた、汚し塗装のおさらいですが、

全身にバーントアンバーのリキテックスを水で薄めたもので、

塗りつぶします。

その後、乾かない内に濡れたウェスで気になるところをふき取ります。

今回は、バーントアンバーが乾いてから、ブロンズイエローの水溶液で

もう一度ウォッシングしてみました。

ギロンの制作 (10) に続く